建築系職人からサラリーマンへ転職 体力の限界が来る前に考えるべき理由

転職

私のプロフィールはこちら

若い頃は給料が良い。

結婚して子供もできて幸せな毎日。

でも、年齢を重ねるごとに周りと比較してそんなに高くない収入であることに気づく。

そして、怪我や病気で仕事を休むと給料が減る現実。

この仕事、いつまでも続けることができるのか

突然、そんな不安が襲ってきたりしませんか。

転職したいけど自分はこの世界で生きていくしかないと諦めていませんか

みなさん一度は将来に不安をもったことがあると思います。

わたしも同じ境遇で生きてきたのでよくわかります。

でも、諦めないでください

自分の価値は自分では分かりません。

他人に自分を評価してもらうことが重要なのです。

そのためにも転職エージェントに登録することから始めましょう。

自分の価値を正しく判断してもらい市場での評価を見定めます。

思いもよらぬ好待遇の仕事が見つかるかもしれません。

自分には無理、能力がないと思っている方はちょっと待って下さい。

なぜ、自分が職人に転職をすすめるのか。

それは、能力ある職人をたくさん見てきたから。

気づいていないだけなのです、自分の能力に。

本当にそう思うのです。

わたしの経験談で申し訳ありませんが転職した当初はこんな仕事で給料をもらっていいのか。

職人の厳しい環境に比べればバラ色過ぎる。

出勤する時の気分も天候に左右されない。小さな幸せ。

致命的でなければ身体の怪我も影響が少ない

給料は初年度で職人時代のMAXを抜きました。

少しでも共感した方は転職を考えてみましょう

転職サイトに登録するだけなら無料ですし求人があっても条件が悪ければ断ればいいのです。

自分の可能性を広げるだけでメリットしかありません

改めてどうしても伝えたい。

身体を壊し悲惨な目にあった友人知人をたくさん見てきました。

いつまでも健康な身体でいられる保証はどこにもありません

自分や家族を守るためにどうすればいいのか真剣に真剣に真剣に考えてみましょう

職人がダメとは言いません。

15年間わたしも職人として働いてきたし誇りも持っています。

職人向きの方もたくさんいるでしょう。

逆に職人向きではないのに無理して働いている人も多いのが現実だと思います。

今すぐ登録して人生を変える転機にしましょう

建物に携わった経験を活かして職人が活躍しやすい不動産業界

飛躍的に給料がアップする可能性もあります。

不動産業界で働きたい方に!【宅建Jobエージェント】

それと工場勤務も意外とおすすめです。

こちらは意外にも働きやすい環境が整っていて高収入の求人が見つかることがあります。

屋根があって天候に左右されず休みが取りやすい。そして意外にも給料が高い

コツコツ黙々と高い品質を追求できる職人には向いていると言えます。

求人情報

職人の力!家族や自分のために転職で活かすのも悪くない!

コメント

タイトルとURLをコピーしました