浴室水栓 交換の仕方

不動産管理

今回は浴室の水栓交換。
ポイントを押さえれば簡単に交換できます。

見た目は立派なサーモ付きシャワー水栓なのですが切り替え部のパッキン不良で水が止まりません。
他の居室も同様の症状が出ており交換を家主さんからお願いされています。

商品代は14,800円で売ってました。
最初は部品交換で済まそうと考えていましたがかなり古いタイプらしく部品は無いようです。

また不具合が発生したり作業代がかかるようだとかえって大変なので交換が無難です。

写真にある壁付タイプ水栓の場合、交換する際のポイントは水栓本体側の給水と給湯のピッチ(間の幅)が10センチであること。ピッチが違う場合でも接続ソケットを使うことで交換ができます。

KVK HPより

この理由は壁に付いている部品は残したまま交換することで漏水リスクを低減できるメリットがあります。漏水の危険性が高いのはソケットの付け根。わたしはプロでしたので問題なく交換できますが素人は手を出してはいけません。とても危険です。

交換の際はパッキンは新しいものに付け替えしましょう。
ゴムは必ず劣化しますので。

これで簡単に交換が完了です。
※作業前に水栓の根元で止水するか、元栓を締めるなどの止水処理は忘れずに行って下さい。

見た目もシンプルで洗練された感じがいいですね。

これを設備業者に頼むと4万円~5万円ほどが相場ではないでしょうか。
自分で対応することで費用を抑制できますので自宅の水栓交換を検討している方は是非試してみて下さい。

ではまた^^


賃貸管理ランキング ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました